将棋のプロとは?奨励会とは?

昨日は、参院選のニュース速報ばかりで、途中から退屈になり将棋のゲームをしていました。

 

そんなゲームの世界にもとてつもなく強い猛者がいますが、そんな猛者でもなれないのがプロ棋士です。
全国にプロ棋士は約153名いるようです。(人数が違っていたらゴメンなさい)
※女流棋士は除いています。

 

この数字はちょっと意外な感じがします。
私はもっと多いかと思っていたので、こんなに少ないんだという印象です。

 

 

プロへの道は険しい!奨励会って?

 

プロになりたいからといって試験を受ければすぐなれるわけではありません。
師匠に聞いてみると
金澤敏明師匠「奨励会を通るのがスタンダードだね」
との返答を受けました。ちなみに私はプロを目指しているわけではありません。
ただの興味本位です。笑

 

奨励会とは、将棋のプロを目指すトラの穴的存在で、予備軍と呼んでよい集まりだそうです。
まずここに入るのにも非常に厳しい狭き門なようです。

 

プロ棋士からの推薦を受けて入試試験をパスするか、アマチュア大会で好成績を収めれば推薦が無くても大丈夫なようです。

 

なんとか奨励会に入れてもプロになれるのはそこから一握りの人間になります。
毎年行われるリーグ戦で1位・2位の成績上位2名がプロになれるそうです。
このリーグ戦が年に2回ありますので、プロになれるのは年4名となっています。

 

年齢制限もあり26歳までにプロになれなければ、奨励会を退会しなくてはいけないようです。
※一部例外あり

 

ちなみに金澤敏明師匠に言わせると、奨励会に所属する上位の人たちは化け物レベルだそうです。
そんな中で上位の2名しかプロになれないなんて厳しい世界です。

 

 

一発挑戦のウルトラCも

 

奨励会以外でもプロになれる方法はあるそうです。
それが、プロ編入制度という制度なんだそうです。

 

大会なんかで、10勝以上で勝率が6割5分以上で、プロからのお墨付きの推薦をもらうと特別な試験を受けることにができるようです。

 

しかし、その試験がプロ棋士相手に5戦行い勝ち越しにあたる3勝以上というかなり厳しい道であり、今まででも数名しか奨励会以外からのプロになった人は居ないそうです。
こちらの場合は年齢制限がありません。

 

ちなみに対局するプロのレベルはどのくらいなんでしょうかね?
名人級が出てきたりはしないと思いますが、規定が無ければ、甘くも厳しくもできる恐ろしいテストになりそうです。

 

これだけの狭き門だとプロが強いのは当たり前のような気もしますし、偉大な存在だという事もわかりますね。

関連ページ

プロの対局で体重が落ちるというが本当か?
集中した対局では体重が落ちるという事を聞きましたが、それを金澤師匠協力のもと実践してみることに
棋士にもいろいろある!? 指導棋士編
指導者にも連盟に承認された指導棋士がいる?将棋の知らない事を金澤師匠に聞いてみた!
将棋の世界にもアイドルが?現役女子高生の女流棋士
女流棋士にもアイドル的人気の棋士も存在します。そしてアイドルも将棋界に参戦してきていて多くの人が将棋に注目できる時代に