2016/09/20 14:45:20 | 将棋のあれこれ!
以前に女流棋士の方が、プロは1対局行うと体重が落ちるという事を言っていました。その現象って我々のようなアマチュアでも起きるのでしょうか??ちょっと気になったので、将棋クラブで対局前の体重を量り実験してみる事に!2パターンを検証 実力伯仲と差がある場合では?たぶんですが、考えることに事による思考と体の疲労により体重が減るのだと思います。そうなると対局相手によっても違ってくるかな?と思い2局やってみることにしました。まずは、師匠の金澤敏明さんとの対局一つ問題なのが、レベルの差がある場合は、対局時間が極端に短くなってしまう可能性があるという事です。なので、30分以上で1時間になったら終局するというか...
2016/07/25 01:11:25 | 将棋のあれこれ!
最近は、将棋のテレビも見るようになり今日はその番組で初めて知った指導棋士について勉強してみようと思います。指導棋士とは、自分で宣言してなれるものではなく日本将棋連盟にしっかりと申請し、承認されて初めて指導棋士を名乗れるようになるようです。基本的には、奨励会に加入してプロになれなかった方々が進むことが多いようです。しかも、奨励会でも初段以上という条件が必要なようです。子供たちや多くの人達に将棋を教える立場になるわけですから、実力の裏づけも必要なので、これくらいの難易度は重要なんだと思います。そんな指導棋士について金澤敏明師匠にも聞いてみたんですが、金澤師匠「準棋士の事?」私「???」私「準棋士っ...
2016/07/19 14:08:19 | 将棋のあれこれ!
テレビを観ているとたまに竹俣紅(たけまたべに)さんという女子高生を目にする事が多くなった気がします。この竹俣紅さんは、現役の女流棋士なんです。今現在は、女流初段というところまで上がっており順調に成長している期待の若手棋士のようです。18歳と若いので、今後はどこまでいけるのか期待されていますが、芸能活動に力を入れ始めた感じもあるので、やや不安の所もあります。来年の3/31までは、休場する届出が出されています。対局をしている所を観れないのは残念ですね。竹俣紅ブログLINEで公式ブログをやっているので、ぜひ見てあげてください。将棋に対する姿勢は、しっかりしているし、とても芯のある考えを持っている女性...
2016/07/11 19:31:11 | 将棋のあれこれ!
昨日は、参院選のニュース速報ばかりで、途中から退屈になり将棋のゲームをしていました。そんなゲームの世界にもとてつもなく強い猛者がいますが、そんな猛者でもなれないのがプロ棋士です。全国にプロ棋士は約153名いるようです。(人数が違っていたらゴメンなさい)※女流棋士は除いています。この数字はちょっと意外な感じがします。私はもっと多いかと思っていたので、こんなに少ないんだという印象です。プロへの道は険しい!奨励会って?プロになりたいからといって試験を受ければすぐなれるわけではありません。師匠に聞いてみると金澤敏明師匠「奨励会を通るのがスタンダードだね」との返答を受けました。ちなみに私はプロを目指して...