振り飛車を好んで行うも意味が全く分かっていなかった

近年ではとてもポピュラーな戦略となっている振り飛車の中でも、特に四間飛車を使う人が多いようです。

 

私も師匠の金澤敏明さんに四間飛車の形を進められていました。
知らぬ間にこんな戦術を使っていましたが、どういう意味があるのかなど、少し調べてみました。

 

 

四間飛車って何?

 

将棋をやっている人なら、ほぼ全員が知っていると思われる四間飛車
ちなみに私は、名前は聞いた事がありましたが、どういう事を言うのかは説明してもらうまではしりませんでした。(お恥ずかしいw)

 

四間飛車の基本は、先手なら6筋に飛車が来る形で、後手なら4筋に飛車が来る形を言います。
四間飛車とは、振り飛車の中でも左から4マス目に飛車が来る事から呼ばれています。

 


これが四間飛車の序盤の基本形になります。
相手の指し方によって多少は変わってくるとは思いますが、教科書どおりに駒を動かしていくとこんな感じになります。

 

先手にとっては6筋からの攻めが強い形ですよね。
しかし、この強いはずの6筋ですが、▲6五歩と寄られた場合にこの歩を△同歩と獲ってしまうと厳しい局面になる場合があるので、注意が必要です。
角交換から厳しい一手を指されてしまうので、攻める場合はしっかりとケアができる形の時に自分から動くようにしましょう。(偉そうに言ってますが金澤師匠から受け売りですw)

 

 

得意な攻めを作るのも上達の一つ

 

私のような初心者は、一定の形を覚えて対局するのも勉強になります。
相手が予想通りに動いてくれないと動揺してしまいますが、基本形として覚えてから徐々に相手の攻めや受けに対してこちらも違った駒の動かし方をしてもよいと思います。

 

私の場合は師匠に
金澤敏明師匠「基本形をしっかり覚えてみては?」
とアドバイスをもらいました。

 

四間飛車は非常に奥が深く、非常に研究された戦術の一つでこの後に藤井システムというカッコイイ名前の戦術が一世を風靡します。
これは、もうちょっと詳しくなってから解説するとして、いまでも多くの人が使うというのは、凄い事だと思います。

 

ちなみに四間飛車に代表される振り飛車の対局にあるのが、居飛車となります。
これについても、このブログ内でいつかしっかりと説明しようと思います。

関連ページ

最良の一手を考える 得をする一手を考える問題
今回の問題は、中級者以上じゃないと厳しいかもしれません。金澤敏明師匠は見事3問を時間内に正解でした。
将棋アイドルも挑戦!テレビで紹介されていた詰将棋
将棋番組で紹介されていた詰将棋を金澤敏明師匠と一緒に実践!その結果は?
相手にやられると苦手な戦術 穴熊
穴熊は屈強な守りで攻め手を苦しめる戦術!穴熊の弱点を金澤敏明師匠に尋ねました。
頭の体操詰将棋 逃げの勉強にもなる?
金澤敏明師匠おすすめの詰将棋をご紹介!
お盆休み中は旅行や帰省で将棋クラブも人が少なかった
お盆中に伺った将棋クラブ人が少ないも師匠の金澤敏明さんは居て一緒に将棋番組を観たのですが…
二歩なんてやらないでしょ?と思ったらプロであるんですね!
えっ?プロでもこんなことを?二歩負けしてしまうプロその理由は?金澤師匠に聞く
ちょっとした工夫が必要?詰将棋は奥が深い
ちょっと難しい詰将棋を金澤師匠に教えてもらい新しい考えにビックリ!
将棋の基礎?棋譜の読み方、書き方
将棋の棋譜は、専門的な表示もあり覚えなくてはいけません。難しいですが今回も金澤敏明師匠に教えてもらいました。
将棋ってどうやれば上達できる?金澤さんの考え
将棋上達ってどうやればできるの?金澤敏明師匠に聞いてみました。
詰将棋で実力アップ!一人でも楽しめる将棋
詰め将棋ってこなすと実力がアップするの?金澤師匠おすすめの詰め将棋紹介!