映画「聖の青春」が公開されました

将棋界でも伝説になっている村山聖さん生涯を描いた作品の「聖の青春」という映画が公開されました。

 

将棋界のレジェンド羽生3冠のライバルと言われるほどの実力と期待をされていた村山さん。
29歳という若すぎる年齢で生涯を終えてしまいました。
昔から病気がありましたが、膀胱癌が死因だったそうです。

 

そんな村山さんを俳優の松山ケンイチが演じています。
役作りのために、体重を大幅に増量して挑んだそうです。
ライバルである羽生3冠は、東出昌大さんが演じています。

 

羽生さんが昔に使った眼鏡を借りて撮影に挑んだり、村山さんの当時使っていたネクタイをお借りしたりと当時の趣のままに撮影されたようです。

 

そんな撮影で一番苦労したのが、駒の指し方だったそうです。
こればかりは、かなり練習したがプロ棋士のような雰囲気を出すのが非常に苦労したとのことです。

 

その一手の意味をしらずに駒を指すのと、今後の展開も読んで指す一手では、駒の迫力が違ったりするようで、将棋をしっかりと勉強したようです。

 

映画自体は、好調なスタートを切ったようで、将棋ファンとしては非常に嬉しい気持ちになります。
私はまだ観にいけていないので、将棋クラブの人達と一緒に観に行こうという話になっているので、それまで我慢しようかと思っています。
ちなみに芸能やテレビの話題には興味を示さない金澤敏明師匠もこの映画は観に行きたいと言っていました。

 

将棋好きの両親かおじいちゃんが居るお子さんは、親孝行にもなりますし、たまには誘ってあげて、映画を観てきてはいかがでしょうか?

 

将棋に興味がなくても、こんな凄い天才が短い人生の中で、ライバルという人と出会いこのような生涯をおくったんだという話に触れるだけでも、この先の人生観の選択肢が広がるかもしれません。

関連ページ

まさかの間違い!対局時間を間違えて久保九段が不戦敗
プロ棋士が対局時間を間違えてまさかの不戦敗!持ち時間内にも間に合わずというレアケース
えっ?!プロ棋士が将棋ソフトで不正?
九段のプロ棋士がまさかの将棋ソフトを使用か?金澤師匠もビックリの将棋界の大ニュース!
14歳でプロ棋士?この若さでそのレベルに達する人が存在するなんて
藤井聡太三段がリーグ戦を勝ち抜きプロ棋士となりました。金澤敏明師匠もビックリの最年少記録です。
羽生善治さんが9連覇って凄すぎる!棋聖戦の結果
凄すぎる9連覇の羽生さん。その凄さを師匠の金澤敏明さんに聞いてみました!